« 職場のMacでここを見たら | トップページ | 音ログを設置しました。 »

2005年1月18日 (火)

[反省] 京成杯+日経新春杯

しかしさっぱりですよ。ぎゃふんとか言っちゃいますよ。もう。

まずは京成杯。

天候やら馬場状態やらに惑わされすぎました。
ズブズブの不良馬場になりすぎて、逆に道悪の得手不得手だとか脚質だとか関係なく力どおりに決まったという印象。当初の予想のまま買ってれば良かったのにね…と、タラレバを言ってみる。

そして日経新春杯。

センチュリーな両雄並び立たずっていうところか。
中継を見てた時には、すわ、サト哲やっちゃった!? と思ったものの、到達順の通りに確定。

 JRAの裁決委員3人の説明によると、「サクラセンチュリーの佐藤哲三騎手は4角で外へ出て、ナリタの進路のスペースを開けている。それが直線に向いて内の馬((5)番コイントス、(7)番マーブルチーフ、(9)番マイソールサウンド)も馬場のいい外へ持ち出し、それらと脚色も良かったサクラとの間でナリタが行き場を失った格好となった」との判断だ。審議の対象はマーブル、マイソール、サクラの3頭だったが、どの騎手にも制裁はなかった。
SANSPO.COMより

JRA Video Interactiveでパトロールビデオを見て確かにと納得。

ハナと後方の違いはあれど、有馬記念の時にロブロイがタップを徹底マークした時と同じような感じで、サクラがナリタをマークするかたち。相手は違うけども、マークされる側からする側にかわった佐藤哲。

印は逆だったけど心情的にはサクラよりだったので(単に佐々晶+佐藤哲の地味コンビ好きなだけなんですけど)、こりゃ強いわ、本格化かも!? と感心するも、けどなー。軸の2頭が接触ですから! 残念!! ←いやホント切実に。

まあヒモも見当違いだったので、ぐうの音もでませんけど。ね。

« 職場のMacでここを見たら | トップページ | 音ログを設置しました。 »

競馬つれづれ」カテゴリの記事

競馬回顧」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4267/60264192

この記事へのトラックバック一覧です: [反省] 京成杯+日経新春杯:

« 職場のMacでここを見たら | トップページ | 音ログを設置しました。 »

2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          
無料ブログはココログ