« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

2005年5月

2005年5月29日 (日)

■単勝支持率もインパクト!東京優駿(日本ダービー)[G1]予想

あいやー、とんでもないことになってますねぇ。ギャロップ紙の特集も異例だと思っていたら、明日のレープロにはポスターまで付いてしまうディープインパクト。スターホースを渇望する世間のムードとあいまって異常ともいえる盛り上がり。実際強いことは間違いないのだろうけど、唯一つ気になるのは牡馬にしては小柄なところ。山椒は小粒でぴりりと辛いのか?

皐月賞の結果があまりにも強烈かつ決定的で、ディープの相手としてはまだ対戦経験のない別路線組が人気になっている。けれども、こんなときこそ終わってみればやっぱり皐月賞組ってことになりそうな予感もするなぁ。

◎はやっぱりディープインパクト。これを蹴っぽる勇気はわたしにゃありません…。最低でも3着は外さないハズ。
次ぐ○はインティライミ。別路線組ではこの馬。スペシャルウィーク産駒が同一年のオークス・ダービー制覇なるか?
▲は皐月賞では力を出し切れていないローゼンクロイツに今一度期待。
△には、前走2着も案外低評価、だけど相手なりには走るシックスセンス、青葉賞では勝ち馬にはあと少し届かなかったもののじわりじわり伸びてきたニシノドコマデモ、乗り替わりは割引も着拾いに徹すれば…のアドマイヤジャパンの3頭。

キルトクールは青葉賞は辛勝にしか見えないのに今のところ3番人気のダンツキッチョウを。

----------

:::東京優駿(日本ダービー)[G1]:::

◎ 5.ディープインパクト
○ 7.インティライミ
▲ 3.ローゼンクロイツ
△15.シックスセンス
△ 2.ニシノドコマデモ
△14.アドマイヤジャパン
キルトクール:ダンツキッチョウ

◎−○2頭軸3連複の予定です。

っと、↓こちらも大詰め!

--------------------------------------------------



「競馬道GT3争奪!春のG1天下一キルトクール武道会」
〜極上の斬れを見せてくれ!〜

主 催 : キルトクール株式会社
協 賛 : Interchannel株式会社(競馬道チーム)
監 修 : All About競馬ガイド 十時龍一氏

※「キルトクールって??」な方はこちらをどうぞ。
--------------------------------------------------

□まるで強めの調教…金鯱賞、回顧

危なげなところまったくなかったですね、タップダンスシチー。自分の競馬に徹してきっちり勝利。あくまで前哨戦ということで極端なハイペースにはならず、消耗戦とまではいかなかったものの、競りかけたらこちらが潰れると他馬に思い込ませる横綱相撲。

キルトークールのアドマイヤグルーヴもきっちり4着できれいに決まった!

はずなのに。

ヴィータローザが2着ねぇ…全然眼中になかったよ。
スロー専用馬、しかも左回りはからっきしなハズ。アンカツマジック?

逆転もあるかと思ったシルクフェイマスはそこまででもなく3着どまり。現状ではタップとの差は想像以上だったか。が、やはり雨さえ降らなければそこそこはやれる。

△つけた3頭中の7枠2頭が競走中止で残念なことに。
特に、テレ東系の映像に映っていたマーベラスダンスは壮絶…ちょっと言葉を失う。
堅い馬場が原因とは一概には言えないなのだろうけど…どうもすっきりしない。

:::金鯱賞[G2]:::

◎10.タップダンスシチー→1着
○ 5.シルクフェイマス →3着
△ 7.マーベランスダンス→中止
△ 8.ハスラー     →中止
△ 4.アラタマインディ →7着
キルトクール:アドマイヤグルーヴ→4着

昨年も今年もタップ本命なのに2着が抜けるお粗末な結果…。

【5/29日中に追記】
微妙に文章がおかしい…。
ハイペースにならなかったからヴィータローザが来れたんだよね。
さらに、3角あたりからマクるいつもの競馬で後続が足を使わされ、追い込み馬が飛んでくる…パターン的には去年と一緒だぁ。

2005年5月28日 (土)

■老練なステップ踏んで3連覇!?金鯱賞[G2]予想

今年もここから始動のタップダンスシチー。昨年・一昨年のこのレースの勝馬で、実績も現役トップクラス。8歳(しかも旧9歳)とはいえ衰えの気配もなくここは鉄板ムード。自ら流れをつくるタイプで、展開に左右される心配も極わずか。負ける要素が見つからないくらい。逆にころっと負けるようだと、やっぱり年齢か?ということになるのだろうけど。いつ衰えが来ても不思議ではないし、遠からずそんな日も来るだろう。けど、いま少し強気なレース運びで相手をねじ伏せるタップのレースを見ていたい、そんな一ファンでございます。ここは迷わず◎本命で。

ここ2戦は雨に泣かされたシルクフェイマス。今日こそは雨の心配もなさそうで、となければやっぱり実力上位かと。さらにタップとは2kgのアドバンテージ。ひょっとしたら逆転もありえる2番手○評価。

むずかしいのはここから…

目黒記念13着から連闘のマーベラスダンス。芝2000で5勝・平坦競馬場でも5勝・ハイペースで4勝、と条件がそろい大敗後とはいえ軽視できず。

前走2000mのエイプリルSで2着のハスラー。どちらかといえばもう少し短い方がよいのだろうけど、平坦小回りなら問題なしかと。調子も良さそう。

中京実績どころか左回りの実績もなく、近走二桁着順続きのアラタマインディ。さらに、春3-5月は[0 0 0 8]と、どう考えても買える要素はないのだけど大駆けの予感がするのはなぜだろう?理屈じゃないんだこりゃ。

以上3頭に△を。

よく言われるのは、タップの勝つレースは持久力が問われるレースになるということ。となると、牝馬は厳しいか。スティルインラブは4歳以降芳しくなく、さらに今回は休養明け。そこそこ人気しそうなアドマイヤグルーヴを今回はキルトクール!

----------

:::金鯱賞[G2]:::

◎10.タップダンスシチー
○ 5.シルクフェイマス
△ 7.マーベランスダンス
△ 8.ハスラー
△ 4.アラタマインディ
キルトクール:アドマイヤグルーヴ

◎−○から3連複2頭軸ながしの予定。
オッズ次第で3連単にしてみるかも。

2005年5月26日 (木)

東京優駿(ダービー)枠順決定!

1
1
ブレーヴハート K.デザーモ
2
ニシノドコマデモ 田中勝春
2
3
ローゼンクロイツ 安藤勝己
4
エイシンニーザン 柴田善臣
3
5
ディープインパクト 武 豊
6
アドマイヤフジ 福永祐一
4
7
インティライミ 佐藤哲三
8
シャドウゲイト 小野次郎
5
9
コンゴウリキシオー 池添謙一
10
コスモオースティン 武 幸四郎
6
11
ペールギュント 小牧 太
12
マイネルレコルト 後藤浩輝
7
13
ダンツキッチョウ 藤田伸二
14
アドマイヤジャパン  幸 英明
15
シックスセンス 四位洋文
8
16
シルクトゥルーパー 松岡正海
17
シルクネクサス   松永幹夫
18
ダンスインザモア 蛯名正義

※いずれも牡3歳・斤量57kg

注目のディープインパクトは3枠5番。内すぎず外すぎずほど良い枠に。ここでも追い風が吹いているのか。

この表をつくりながら気づいたのは、田中勝・武豊・小野次郎がオークスと同じ馬番。アドマイヤジャパンもジョウノビクトリアと同じ14番なので、典の騎乗停止がなければ同番だったわけか。

オークスに続きダービーもカタく決まるのか?ディープの牙城を崩す馬は現れるのか?29日(日)15時40分ゲートオープン!

□いまさら感ありありも…オークス・東海S、回顧

:::優駿牝馬(オークス)[G1]:::

オークスはシーザリオの強さが際立つ結果。2着エアメサイアは完璧な競馬。対してシーザリオは流れに乗れずチグハグ…それできっちりクビ差さすのだから、もうたまらん。

◎ 5.エアメサイア   →2着
○ 4.シーザリオ    →1着
▲ 9.ディアデラノビア →3着
△ 1.エリモファイナル →14着
△14.ジョウノビクトリア→13着
△ 7.レースパイロット →9着
キルトクール:11.エイシンテンダー→4着

荒れる荒れると書いたわりには堅くおさまり、3連複的中も一番人気の組み合わせ。結果論だけど△絡みは買わないでよかったのね。マイナスにならなかっただけよし。

     * * * * *

:::東海S[G2]:::

サカラートがあっとおどろく7馬身差の逃げ切り勝ち。思わぬところに距離適正があったのか?

◎ 3.クーリンガー   →5着
○ 1.ヒシアトラス   →6着
▲ 7.タイムパラドックス→3着
△16.ブラックコンドル →13着
△ 2.ブラックパワー  →12着
キルトクール:14.マルブツトップ→9着

レース後手元の新聞を見たら、最初にピックアップした中には上の5頭プラス1着馬サカラート・2着馬スターキングマンの7頭が…。消した2頭で決まるのだから…orz 嗚呼センスなっしんぐ…。

2005年5月22日 (日)

■東海S[G2]予想

G1オークス同日開催、乗り替わり多数の東海S。前走から鞍上が替わらないのはクーリンガー(和田)、ホーマンベルウィン(幸)、マルブツトップ(安藤勝)の3頭のみ。
クーリンガー、マルブツトップとも先行勢。手の内に入れた鞍上が互いに意識しつつどう乗るか。

ヒシアトラスは久々に郷原に戻ってきたのね。昨日の目黒記念、パトロールFでやけにあわくって追ってる騎手がいるなあとおもったら郷原…。ありゃどうなんよ。けど、アトラスではそこそこ好走するんだよな。距離も少し長いし、ちょっと調子も下降気味だけど好きな馬で抑えたい。

実績No.1タイムパラドックスは59kgで少し割り引き。

:::東海S[G2]:::

◎ 3.クーリンガー
○ 1.ヒシアトラス
▲ 7.タイムパラドックス
△16.ブラックコンドル
△ 2.ブラックパワー

キルトクール
マルブツトップ
アンカツはG1ではなく地元のこちらで騎乗。気合も入っているだろうけど、あえてキルトクールしてみた。

クーリンガーから馬連の予定。

G1ウイークといえば

これですよー!!
荒れるオークス、ここらでもういっちょ特大ドンガバチョがでるか?!


--------------------------------------------------



「競馬道GT3争奪!春のG1天下一キルトクール武道会」
〜極上の斬れを見せてくれ!〜

主 催 : キルトクール株式会社
協 賛 : Interchannel株式会社(競馬道チーム)
監 修 : All About競馬ガイド 十時龍一氏

※「キルトクールって??」な方はこちらをどうぞ。
--------------------------------------------------

何かの間違いでノンガバチョ部門でぎりぎりベスト10以内に入ってしまっている拙者。
さてさて、どこまでノンガバチョでいけるか?

■シーザリオをどうしよう?オークス[G1]予想

激しく1本かぶりのシーザリオ。しかし、思い出すのは昨年これまた人気を集めたダンスインザムードまさかの4着
全馬初距離で荒れるG1、優駿牝馬。これはまず、シーザリオの分析からいってみないといけないでしょう。

1)父は超一流ステイヤ・ースペシャルウィーク。距離延長は無問題どころか大歓迎。
2)戦績が凄い!前走桜花賞はハイレベルなのは周知の通り。フラワーCも圧勝。寒竹賞では牡馬とまじって勝利。2着はアドマイヤフジだし、4着はダンスインザモア。
3)昨年から今年にかけ好調のキャロット馬。角居師も絶好調。

能力だけみたら不安要素見当たらないぞ。
あえて不安な点を挙げれば、

1)荒れるG1、1番人気は勝てないG1、そんなオークス。ただ1番人気でも2着は多いはず。何かが1頭前にいるのか?
2)隣の枠にはこわーい武豊。昨年1番人気で飛んだこのお方、同様に人気がかぶったお隣さんに何かしらのプレッシャーをかけないわけがない。
3)キャロット×角居師×ノーザンFという組み合わせはディアデラノビアと一緒。2頭出しは人気薄を狙えというが…

競馬ゆえに、何かしらの外的要因で力を発揮できないこともありうるわけで。逆に言えば、それくらいしか敗因が見つからないってことか。
万が一勝てなかったとしても連軸としてはもっとも適しているとしか思えなくなってきたぞ。

展開予想も重要なファクターだけど、初の距離でじっくり行ってスローになるか、一か八かの爆走でハイペースになるか…。こんなのは究極、出てみなきゃわからん!(←極論)目黒記念で懲りたってわけでもないですが。このレース見ていると指し馬有利に見えるけど、だからってそうは問屋が卸してくれないのもまた競馬。ああ、迷うー!

     * * * * *

:::優駿牝馬(オークス)[G1]:::

エアメサイア
やらかす、ヤネは何かやる!
シーザリオ
やっぱりこれ以上落とせない。
ディアデラノビア
デザーモカモン。
エリモファイナル
消耗戦ならオペラハウス。馬体減らないでね。
ジョウノビクトリア
追い込め典!
レースパイロット
血統ならNo.1。兄に続けるか?

キルトクールエイシンテンダー
買わない中での人気上位馬だからっていう理由ですが。

買い目は今のところ◎軸1頭ながしで。

□敗因はエロがキニナったから?目黒記念、回顧

いやタイトルはちょっとふざけてみたかっただけです…よ。
しかし、馬場早いよ!またまたレコード更新ですか。

ハンデ戦ということもあり、ゴール前は4頭横一線。そこから1頭抜け出したのはオペラシチー。近走のじりっぽさから本格化は今しばらく先かと思いきや、最後きっちり抜け出し勝利。やっぱり泣きの佐々晶は買いだったわけですね。難儀な人だがわかりやすいからいいや! ところで、オペラシチー。やけに顔がでかく見えるのは膨張色の白いメンコのせい?パトロールフィルムでは白メンコがぐんぐん迫ってきてたぞう。
2着はウイングランツ。休み明けでも仕上がり上々。全走G2好走は伊達じゃなかった。
次いでダディーズドリームが道中後方2番手〜最後方から鋭く伸びて3着。先週のテレグノシスといい、府中のトニービンは伸びますね。

レースを引っ張ったエローグは最後力尽き6着。道中ペースが落ちなかった(落とせなかった?)ところに坂がこたえたか。キニナル浅草さんは、良いところなく9着。初距離に戸惑ったか?調子の良いうちに得意の東京で使ってみたかったのかもしれないけど、もうお釣りはなかったのかな?

勝馬は好位からだったものの、前残りどころか、2着3着は差し追い込み。ペース・展開を読むのは難しい…。

----------

◎11.アサクサキニナル  →9着
○ 4.エローグ      →6着
▲ 8.ラヴァリージェニオ →8着
△ 1.オペラシチー    →1着
△ 7.ダディーズドリーム →3着
△12.スウィフトカレント →17着
キルトクール:チャクラ  →5着

ガバチョはなしよも馬券も当たらず、どーん…。

2005年5月21日 (土)

■目黒記念[G2]予想

:::目黒記念[G2]:::

◎11.アサクサキニナル
○ 4.エローグ
▲ 8.ラヴァリージェニオ
△ 1.オペラシチー
△ 7.ダディーズドリーム
△12.スウィフトカレント

◎は連続連帯中で波に乗ってるアサクサキニナル(変換したら『浅く先になる』となってしまった…)。なぜこの距離?と疑問も沸くけど、父キングマンボで距離の融通はききそう。鞍上は普段はぼろくそに書かれがちな『大先生』柴田善。なぜか目黒記念は大得意で、まさにキニナル。

さらにオマケな理由としては、昨晩浅草が舞台になっているドラマ『タイガー&ドラゴン』を観たあと浅草三社祭のニュースを見たりして、アサクサというキーワードが頭で膨らみまくりなので。。。

○はエローグ。芝2500で3勝。すんなり先手を取れれば今の馬場なら充分残れる。

ラヴァリージェニオ。こちらも芝2500で3勝。2着も2回で[3-2-0-1]。前走2着した大阪−ハンブルグCの1着・3着馬が天皇賞ワンツーで、このレースのレヴェルが高かった可能性あり。

△、まずはオペラシチー。どうもワンパンチ足らず良くなるのはまだ先かと、本当はキリたかったけど、佐々木師の吹いている時は消し・泣いてる時は買いの法則で。
ダディーズドリームは府中のトニービン、スウィフトカレントは先週の京王杯SC勝ち馬・兄アサクサデンエンに続け!と、△。

キルトクールは 9.チャクラ
なんとなく、つかみどころのない馬という印象なんだよなぁ。どんな条件でもそこそこ好走しているし…

けど、

1)2500でもまだ距離が足りなそう
  ↓
2)負担重量一番重い
  ↓
3)乗り替わりも良くはないだろう
  ↓
4)それでも1番人気で妙味なさ杉

そんな理由でキルトクール!

今回は格言やらなんやらオカルト要素な予想になったな…
買い目はちょっと考えよう。。。

2005年5月19日 (木)

優駿牝馬(オークス)枠順決定!

1
1
エリモファイナル  内田博幸
2
ブリトン 田中勝春
2
3
コスモマーベラス 柴山雄一
4
シーザリオ 福永祐一
3
5
エアメサイア 武 豊
6
アドマイヤメガミ 池添謙一
4
7
レースパイロット 蛯名正義
8
アスピリンスノー 小野次郎
5
9
ディアデラノビア K.デザーモ
10
ライラプス 後藤浩輝
6
11
エイシンテンダー 武 幸四郎
12
ピューマカフェ 須貝尚介
7
13
ランタナ 江田照男
14
ジョウノビクトリア 横山典弘
15
ヤマニンアリエル 柴田善臣
8
16
ビッグフラワー 北村宏司
17
ショウナンパントル  吉田 豊
18
ジェダイト 藤田伸二

桜花賞1、3着馬不在も、先だってのNHKマイルCをワンツーで、桜花賞2着のシーザリオが人気を集めるのでしょう。距離も伸びて良さそうだし、やっぱり本命か。しばし考えてミル。。。

2005年5月15日 (日)

京王杯SC[G2],新潟大賞典[G3]予想

うーん、どちらも難しい。
上位拮抗で人気も割れていますね。
悩みすぎて、昨晩考えながら寝てしまいました。。。

続きを読む "京王杯SC[G2],新潟大賞典[G3]予想" »

2005年5月14日 (土)

京都ハイジャンプ[JG3]予想

本日の重賞はこのJG3のみ。頭数も少ないしきっちり取りたいぞ。

◎ 8.ラージヒルジャンプ
○ 6.テイエムコンバット
▲10.テイエムマッチョ
△ 1.エリモカントリー
△11.ローレルロイス

抜群の京都実績ラージヒルジャンプを本命。相手1番手は先行力のあるテイエムコンバット。次いで,こちらも先行力あり同馬主なテイエムマッチョ。京都3170mはラージヒルジャンプに次ぐ時計があるエリモカントリー、GJ組では最先着も、斤量62kgを背負うローレルロイスを△

◎から3連複1頭軸ながし

キルトクールギルテッドエージ
中山GJでは本命にしたのに見限ってしまうのは申し訳ない気もするけど、全盛時の力はないと感じてしまった。熊ちゃんがもってくるかもしれんが…。ここはキル!

あー、なんかわりと人気サイドの予想になっちゃた。

2005年5月12日 (木)

新潟競馬場へ行ってきた。&京都新聞杯[G2],NHKマイルC[G1]、回顧

土曜日。競馬場へ行くのも馬券を買うのも初めてという友人と新潟競馬場へGO→! 昨年の夏開催はなんやかやで忙しく行けずじまい。実は私も1年ぶりだ。
当日は雨こそ落ちてはこないけど、あいにくの天気でちょっぴり残念。てか、風強くってさむいのなんの!!

一通りあちこちを案内しつつ馬券も購入。友、名前買いで単複購入も、馬体重+58kgで撃沈。私、新潟のレースはかすりもせず。。。むーん。

しかし、外ラチ沿いを一気に駆け抜けてゆく直千レースはやっぱり迫力あるなぁ。友はお土産に限定パッケージの柿の種を購入してました。

それでは重賞回顧をば…

続きを読む "新潟競馬場へ行ってきた。&京都新聞杯[G2],NHKマイルC[G1]、回顧" »

2005年5月 8日 (日)

NHKマイルC[G1]予想…のようなもの

そういやPAT残高0で、すっかり入金を忘れていたことに昨日気づく…。
そんなわけで、前日発売でNHKマイルCの分も買ってきました。

3連複
2,14から3,4,5,12,13へ軸2頭ながし
馬連
12-13、2-12、2-13、3-4
複勝
5.コパノフウジン

あ?れ?

ペールギュント・ラインクラフト2頭軸でビックプラネット・セイウンニムカウ・アイルラヴァゲイン・デアリングハート・コパノフウジンに流していたつもりだったのに、軸、14?? ビックプラネットじゃん…orz

馬連はちゃんとペール、ライン、デアリングのボックスで買っているのに…なんで?
最近PATばかりだった上に、新マークシートは不慣れだけども、不覚。

桜花賞を勝った馬の参戦は初ということで、オークスよりも適距離!とこちらを選んだラインクラフトは要注目。牡馬相手でもそこそこやるはず、とふんでいたのだけどなあ。

と、いうか、馬券の買い方自体、慌てて買ったにせよ、印であらわすとどうなるんじゃ?っていう買い方だ。あえてつけると、

◎ペールギュント
○ラインクラフト
▲ビッグプラネット
△デアリングハート
△セイウンニムカウ
△アイルラヴァゲイン
★コパノフウジン

か?

キルトクールはマイネルハーティ
府中コースとはいえ不器用なところがどうも。距離もちょっと長いか。

-----------------------

↑こちらもどうぞよろしゅうに!

2005年5月 7日 (土)

京都新聞杯[G2]予想

明日は競馬初体験の友人と新潟競馬場に行ってきます。
さてさて、友にビギナーズラックはやってくるのか?
こんな絶不調なやつにレクチャーを受ける友よ…。すまん。

よって、久しぶりに早めの予想してみよう。

まずは気になるインティライミ。「皐月賞5着のアドマイヤフジが出てくるから皐月組との力関係がわかる」と佐々晶師の言うとおり、ここが試金石。個人的には圧勝して欲しい願望大ですよ。だって、ディープインパクトのライバルが出てこないとつまらないじゃーん!姉のフォルクローレは短いところで活躍したものの、この馬は距離が長い方が良さそうでさらに期待大。ひさしぶりに単勝買ってみたい。人気だろうケド。

キルトクールはシルクネクサス。Mynet競馬新聞では◎3つもついているのだけどもなんで??

でもちょっぴり怖いのは、父スペシャルウィークと父グラスワンダーの因縁。ハナ差でネクサスとか勘弁…。

キルトクール営業成績:2005.04

遅ればせながら、営業成績まとめです。

ダービー卿CT:ダイワメジャー→1着(580 dg)
大阪杯:アドマイヤドン→6着
ニュージーランドT:ディープサマー→6着
桜花賞:キルトクール:ショウナンパントル→13着
中山グランドJ:アズマビヨンド→12着
マイラーズC:カンパニー→4着
皐月賞:ペールギュント→6着
フローラS:不参加
アンタレスS:不参加
福島牝馬S:不参加
青葉賞:不参加

【1-0-0-6】で7キル1クル。計 580 dg

参加レース数が少ない中で、6着3回とはこれいかに?
てか、だいたい4〜7番人気くらいの馬をキルトクールに指名することが多いのか。

さーて、5月も斬りますよー。

あやかりたい

ゴールデンウィークだというのに風邪を引き、ぼーっと過ごしていたら、完全に乗り遅れたっっ!!

◆侘び助ism◆『 天皇賞(春)(GI)…獲ったどぉ〜!!』結果◆

↑もう、驚愕!うっわ〜、神君臨!!

あの、ポカーンとただ眺めるのみだった天皇賞のゴール前。
こんなんとれるかー!と思っていたら、とってる方がいた!!
侘び助二等兵改め侘び助上等兵殿、おめでとうございます。

最近の己の馬券の当たらなさっぷりにほとほと嫌気が差し、徐々に競馬熱が醒めてきていたところにこの出来事。むむう、まずは買わなきゃ当たらないべさ!と、再び意欲がふつふつと沸いてきております!

2005年5月 1日 (日)

天皇賞〈G1〉予想

連休前のバタバタやらで、えらく久しぶりの更新になってしまいました。今も客人につきコッソリモブログ投稿〜!

◎マカイビーディーヴァ
前走は叩き。3キロ減、雨模様で浮上。
○ヒシミラクル
完調してれば格が違う。
▲ハーツクライ
ノリの決めうち。直線一気。
△アドマイヤグルーヴ
国内最強牝馬も負けてられない。豊マジックあるか?
△リンカーン
マイナス要素は一番ない。
△アイポッパー
得意舞台で。
△ユキノサンロイヤル
しぶとい一頭。

キルトクールはシルクフェイマス
理由は雨…

◎○2頭軸3連複。

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          
無料ブログはココログ