« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月

2006年4月30日 (日)

はるてんかいこ

⊂(。Д。⊂⌒`つ なにあれ???
かんじつかうのもわすれちゃうアルヨ。

3200m・坂越え2回の天皇賞(春)で、まくりながら3角から進出開始。2004年宝塚のタップみたいなことやられちゃかなわん。(あのレースでタップ、とんでもないバケモノだわと思ったものだ。)4角でもう先頭。他馬が大きく外に膨れる中、あとはラチ沿いを進むだけ…。

体の小さいディープだから、ポンっとうまいことゲートを出てしまい馬ゴミで揉まれるよりましと、わざと出遅れてるんじゃ? と勘ぐるよ。

キルトクールに指名したリンカーンが2ゲトで(/´△`\) ノリもうまーく乗ってるのにね。ディープいなきゃ完勝じゃん。結局、武→ノリ→ガイジン買ってりゃOKなのか…orz

そして、タテヤマ6着、マッキーマックス7着、デルタ10着と、今年もダンスインザダーク産駒は不振。なぜなのだろうね?

最後に一言
「せりざわあほぉぉぉーーーーーーー!!!」
逃げたくても逃げられなかったのかね?

天皇賞・春(G1)予想

とりあえず、思いつくままつらつらと…

ディープインパクトがバケモノなのはもうどうしようもない事実。アクシデントでもない限り複勝圏外にふっとぶことはないと思ふ…。

長距離大得意!菊花賞も強いダンスインザダーク産駒。が、春の天皇賞となると1番人気で3着のダイタクバートラム以外馬券に絡まず。なんでだろう?

逃げ馬好きとしちゃ、飛ばすぜ!宣言トウカイトリックは物凄くキニナル。けど、芹沢の吹きは信用なるのか? ましてや前走から2kg増。マークだってキツクなるだろう。それでも逃げ切れる力があるのか? まぁ、案外後ろのディープに気をとられているうちにあれよあれよと…ならんか?

ディープに勝つには後ろからでは間に合わない→総じてみんな早仕掛け→ディープまとめて掃除→漁夫の利、2・3着(゚д゚)ウマ- てな展開が一番ありそう…。

過去2年、1番人気でとんでるリンカーン。鞍上横山典でなきゃ躊躇なく切れるのに…。

中居君のCM、
逃げ馬=トウカイトリック
追込み馬=ディープインパクト
だったり?

そんなこんなで無理やり結論を出してみる。

◎ディープインパクト
○トウカイトリック
▲マッキーマックス
△ハイフレンドトライ
△ファストタテヤマ
△ナリタセンチュリー

◎-○-▲3連複と△の複勝を買ってみようか。

キルトクール
リンカーン
この条件向かないのだと思う。怖いのはノリだけ。

2006年4月29日 (土)

青葉賞(G2)予想

◎タマモサポート
○アドマイヤメイン
▲マイネルアラバンサ
△エフセイコー
△マチカネゲンジ

レベルが高かったと思われるスプリングSからタマモサホート・エフセイコー、きさらぎ賞からアドマイヤメイン。そのアドマイヤメインの勝った毎日杯3着マイネルアラバンサ。あと、青葉賞といえば藤沢厩舎マチカネゲンジ。印の順番は適当ですが。

キルトクールはマツリダゴッホ
ちょっと過剰人気っぽい。

2006年4月28日 (金)

同姓同名(BlogPet)

きょう、衆院が千葉に人とかサインしたいなぁ。


昨日は午前中のみ外出の予定。
戻ってきてからブログを書こうと思っていた馬。
スプリングSではきっちり勝ってほしかったのでこの評価に。
◎と○の鞍上を見るとフェブラリーSのメイショウボーラー&トウショウギアの暴走逃避行の悪夢が思い出されるけど、今日は大丈夫だろう…。
キルトクールはジャリスコライトぶっつけ本番で勝てるほど甘くないよねぇ。
ダービーに期待して◎!○フサイチリシャール▲サクラメガワンダー△アドマイアヤムーン△メイショウサムソン△フサイチジャンク△ナイアガラ速い馬が勝つといわれる皐月賞(G1)◎ステキシンスケクン○フサイチリシャールは、これまでの3歳馬戦線を見てきて、皐月賞はこの馬を本命にしようと思ったら何だかんだで午後までかかり、帰宅したと思うので、結果は共に3着(/´△`\)だったので、あとはそこそこ手広く印をまわして↑な感じに。
人気薄に◎をつけたのか?さて、皐月賞。
速い馬といえばステキシンスケクン。
距離が不安視されるけど、発走まで馬場はもつのだろうか?皐月賞ですね。
天候が小雨に変わったようだけど、もつかもしれない。
が、未知の魅力に期待。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「のび吉」が書きました。

2006年4月25日 (火)

こちらのさくらは散り始め。

携帯カメラでぱちり写真をupしてみました。

さくらさくら'06

今年のさくらは色が薄いような気がするなぁ。なかなか暖かくならず、寒かったせいかしら?

同姓同名

最年少26歳、太田氏Vサイン 衆院千葉補選

このニュースを見るたび、この人を思い出すわけで。
(いや、競艇はそんなに詳しくないのですが。)

こちらの同姓同名さん以来のびっくりですな。

2006年4月23日 (日)

フローラS(G2)、アンタレスS(G3)予想

昨日の福島牝馬S。馬券が当たり、なおかつナンテコッタイドンガバチョ(/´△`\) 炸裂。【ボンクレ】ですな。

さてさて、今日はどうなるでしょう?

---

フローラS(G2)
◎オリオンオンサイト
○ハギノプリンセス
▲テイエムプリキュア
△マイネサンサン
△バトルサクヤビメ
△メジロラルゴ

プリキュアここでは負けられないだろうなぁと思うものの、距離がどうなんだろうという不安があり▲まで。
マイペース逃げでどこまで粘れるかオリオンオンサイトを◎、サンデーサイレンスの最後の仔ハギノプリンセスを○。
なんとなく気になった3頭に△を。

キルトクールアイスドール
いろんな意味で微妙なんだよな。

---

アンタレスS
◎ヒシアトラス
○カフェオリンポス
▲サカラート
△プライドキム
△ピットファイター
☆フィフティーワナー

千八9勝、前走より2kg減のヒシアトラスで軸は堅かろう。
59kgの斤量が気になるものの、大型馬だしなんとかなると希望してカフェオリンポス○。
フィフティーワナーは重賞の壁に当たるんじゃ…と、買いたくないのだけど、あっさり勝ってしまいそうな予感もあり普段つけない☆を打ってみたり。

キルトクールエンシェントヒル
印を打たない馬で一番人気してるので。前走◎の2着で怖いけどね。

2006年4月22日 (土)

福島牝馬S(G3)予想

人気割れてますね。
牝馬重賞戦線で戦ってきて結果そこそこの馬よりも、条件戦を勝ち上がってきた馬のほうに魅力を感じるなぁ。

◎コアレスパティオ(福島2-0-0-0、千八3-0-0-2)
○ロフティーエイム(福島1-1-0-0、千八1-3-0-1)
▲フィヨルドクルーズ(福島2-0-0-1、千八1-0-1-10)

の3頭ワイドBOXでも買ってみようかしら。

キルトクールライラプス
府中以外で買う気にならない。

2006年4月16日 (日)

皐月賞(G1)予想

昨日は午前中のみ外出の予定。戻ってきてからブログを書こうと思ったら何だかんだで午後までかかり、帰宅したのが中山GJ発走直前で記事upできずじまい…。

まぁ、おそらく、

中山GJはキルトクール→テレジェニック
マイラーズCはキルトクール→ディアデラノビア

としたと思うので、結果は共に3着(/´△`\) だったであろう…。不幸中の幸いだったのか?

さて、皐月賞ですね。
天候が小雨に変わったようだけど、発走まで馬場はもつのだろうか?

皐月賞(G1)
◎ステキシンスケクン
○フサイチリシャール
▲サクラメガワンダー
△アドマイアヤムーン
△メイショウサムソン
△フサイチジャンク
△ナイアガラ

速い馬が勝つといわれる皐月賞。速い馬といえばステキシンスケクン。距離が不安視されるけど、もつかもしれないし、もたないかもしれない。こればっかりは走ってみないとわからない。が、未知の魅力に期待して◎!

○フサイチリシャールは、これまでの3歳馬戦線を見てきて、皐月賞はこの馬を本命にしようと思っていた馬。スプリングSではきっちり勝ってほしかったのでこの評価に。

人気薄に◎をつけたので、あとはそこそこ手広く印をまわして↑な感じに。

◎と○の鞍上を見るとフェブラリーSのメイショウボーラー&トウショウギアの暴走逃避行の悪夢が思い出されるけど、今日は大丈夫だろう…。

キルトクール
はジャリスコライト
ぶっつけ本番で勝てるほど甘くないよねぇ。ダービーに期待。

2006年4月15日 (土)

皐月賞の展望

今GCトレセンリポートでやってます。この番組、いつもなら美浦と栗東30分づつ半々なのに、20分くらいから栗東編が始めまりここでも西高東低の余波が。グロリアスウィークは穴で面白そうだったので離脱は残念。はてさて、予想はまだ迷いますね。

2006年4月 9日 (日)

桜花賞(G1)予想

昨日のすじまきの後遺症で、背中から尻、腿、ふくらはぎとまぁひどい筋肉痛…。
すじ(種)と土の入った苗箱をビニールハウスの中に並べて上にシートを2重にしてかけるという作業を1700箱。延々とスクワットを繰り返したようなものだもんな。普段デスクワークの人間には堪えます。そのかわり、朝一で投票したNZT、急遽買い目に加えた3連複があたってラッキー!

さてさて、クラシック第1弾ですよ!

桜花賞(G1)
◎テイエムプリキュア
○ラッシュライフ
▲アドマイヤキッス
△ダイワパッション
△フサイチパンドラ
△コイウタ

力のいる馬場がぴったりきそうなプリキュアとラッシュライフ。
桜花賞男武豊のアドマイヤキッス。
△はぶっちゃけ適当です。


キルトクール
キストゥヘブン
小柄で切れ味勝負の馬に荒馬場は堪えそう。

2006年4月 7日 (金)

阪神牝馬S(G2)予想

普通に考えれば適距離のラインクラフトで鉄板なのだろうけど、G1から中1週かつ他馬より2kg余計に背負うことで不安も。

そのほかの有力馬も、

同じく斤量57kgのエアメサイアは距離不足。
同じくG1から中1週のシーイズトウショウは逆に距離長い。

だったら穴目を狙いたいよな~。

阪神牝馬S(G2)
◎アズマサンダース
○チアフルスマイル
▲ラインクラフト
△エアメサイア
△シーイズトウショウ

近走ぴりっとしないものの1400~1600が良さそうなアズマダンダースとチアフルスマイルからみの夢馬券。

キルトクール
ライラプス
左回りの方がいいんじゃ?

ニュージーランドT(G2)予想

KCL造園課所属だからというわけではないですが、、明日は親戚の田んぼの手伝いに行ってきます。すじまきという作業はかなり機械化されたとはいえ、これがなかなか重労働…苗の入った箱を運ぶのだけど重いんだわ。まあ、来年の食い扶持を確保するために頑張ってきますよ!そんなわけで、久~しぶりに前日予想です。さてさて吉と出るか否か。(えっ?田舎?)

ニュージーランドT(G2)
◎ロジック
○マイネルスケルツィ
▲ドラゴンウェルズ
△タガノバスティーユ

人気はマイネルスケルツィとロジックで割れそうだけど、複勝圏を外したことのないロジックのほうが軸向きかと。ヤネも昨年のこのレースを制したうっちーで期待。

今年は何かが違う先生。確か中山マイルは得意だった印象があり、ここでも。

次いでまだ底を見せていないドラゴンウェルズ。鞍上は頼もしいような不安なような…。

すっかり短距離追込の名手、池添を背にしたタガノバスティーユ、前走は甘く見すぎて(/´△`\)。今回は抑えたい(弱気)。

キルトクールアドマイヤディーノ
アーリントンカップではロジックが先着
こぶし賞ではドラゴンウェルズが先着
1月5日の500万下ではタガノバスティーユが先着
ってことは良くて4着か?

浅見シリーズで馬

サラブレッドの生産牧場が舞台です。
明日の予想をしようと思ったのだけど、テレビがキニナル…。

2006年4月 2日 (日)

産経大阪杯(G2)予想

アサカディフィートなぜ前走ダートの交流競走を使ったのだろう?それが疑問でなんかキニナル…

けど、そんなに荒れないでしょうここは。
極端な追込み脚質の馬より先行できる馬のほうが良いとは思うので…

◎アドマイヤジャパン
○ローゼンクロイツ
▲シルクフェイマス

おまけで好きな馬、アサカディフィートとマーブルチーフのワイドをこっそり買ってみたり。

キルトクールスズカマンボ
休み明け、59kg、追込み脚質の三重苦。

ダービー卿CT(G3)予想

16頭中7頭が東風Sからの出走。その時の成績と斤量そして今回の負担重量は↓な感じ

1着インセンティブガイ 55kg→57kg
2着キングストレイル 56kg→56kg
3着グレイトジャーニー 57kg→56kg

5着キネティクス 56kg→55kg
6着シルクトゥルーパー 55kg→53kg
7着ニシノシタン 56kg→55kg
8着ロードマジェスティー 56kg→54kg

勝ったインセンティブガイが2kg増
2着キングストレイルが変わらず
3着のグレイトジャーニーが1kg減

となると、グレイトジャーニーに妙味が。

さらに東京新聞杯では

3着インセンティブガイ55kg
4着アルビレオ55kg

と同斤量でクビ差の決着。

今回アルビレオはインセンティブガイより1kg減。

そのアルビレオに2005ファイナルS京都金杯ともに1kg余計に背負って先着しているのがニューベリー。

てなことをまとめると…

◎ニューベリー
○アルビレオ
▲グレイトジャーニー
△インセンティブガイ
△キングストレイル

キルトクールテレグノシス
実績No.1も東京コース以外では要らないと思う。

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          
無料ブログはココログ